ABOUT NEC
トップメッセージ
Top Message
新野 隆
代表取締役 執行役員社長 兼CEO
新野 隆
代表取締役
執行役員社長
兼CEO

海底から宇宙まで。
産業や暮らし、
そして時代を変えてきた。

2019年にNECは120周年を迎えました。1899年、創業当時のスローガンは「Better products, Better services」。創業者であり、エジソンに学んだ最初の日本人である、岩垂邦彦による言葉です。この言葉の通り、私たちは常に技術とサービスを磨き、提供し続けてきました。東京オリンピックが開催された1964年には、世界初の衛星によるテレビ中継を実現。1970年には日本初の人工衛星「おおすみ」の開発を手がけ、現在も70機の人工衛星をサポートしています。光海底ケーブルの分野では、海の底に地球7周分ものケーブルを敷設。世界3大ベンダーに数えられています。いま熱気のあるAI分野も1960年代に研究開発をスタート。郵便番号を自動的に読み取る装置を完成させました。その時点の「Best」が完成したら、さらにその上を目指す。常により良くするために「Better」を追求し続けることで、私たちは産業や暮らしのあり方を変え、人々の暮らしを変えてきました。海底から宇宙、そしてAIまで。NECの歴史は、技術で時代を、先へ先へと牽引し続けてきた歴史でもありました。

変化のスピードを上げて、
自ら変化を起こそう。

強い技術を開発すればそれが製品になり、価値を生み、ビジネスに結びつく。そんな時代がありました。しかし、それは過去の勝利の方程式にすぎません。変化のスピードは予想以上に速い。デジタルトランスフォーメーションの波が、この瞬間も世界の風景を変えています。そして、競争の構図も刻々と変わり続けています。AI、自動運転、量子コンピュータ、IoTなど。新しいテクノロジー領域では、スタートアップ企業が世界の先頭を走ることも珍しくありません。彼・彼女らは、驚くべきスピードで課題を解決し、世界を変えている。ルールは変わりました。だからこそ私たちもマインドを変え、スタートアップ企業を凌ぐスピードで競争に挑まなければ生き残ることはできません。官僚主義的な慣習は片っ端から捨て、変化の妨げになるものは全て止めます。変化を追うのではなく、変化を起こす側に立ってこそNEC。決意を固め、大きくギア・チェンジし、全速力で走り始めたのが2018年のことでした。

NEC、
119年目の大改革。

大改革は、NEC史上最速のスピードで今日も進行中です。根底からNECという会社を変えていくという意味では、今の私たちはスタートアップ企業と同じ。失敗してもいいから、どんどんチャレンジしていきます。そして、古い「当たり前」もどんどん捨てていきます。トップダウンのマネジメントは、現場の意見を尊重するマネジメントに変えました。年功序列的な要素が残っていた評価も、成果に基づくフェアな評価ができる形へと整備しました。働き方も大きく変え、スマートワークを推進しています。NECという会社のカルチャーを根底から変えていく。この変革活動を「Project RISE」と名付け、活動を続けています。課題はまだまだ山積みですが、一方で確実に成果も生まれてきています。

新たなビジネスも生まれてきています。指紋認証で途上国の子どもが確実にワクチン接種を受けられる仕組みの構築。インドでは10億人の国民ID管理にもNECの生体認証技術が採用されました。子どもの命を守るテクノロジー。国家レベルの課題を解決するテクノロジー。世界中の産業や人が抱える課題に向き合い続ける中からイノベーションが生まれています。変わり始めたNECを見て、いま私自身がワクワクしています。

自分の人生を
生きよう。

言われたことを一生懸命やるというのは、日本にある古くからの美徳です。しかし、それだけでは新しい価値は生まれません。トップから現場に至るまで、一人ひとりがオーナーシップを持って仕事に取り組む。NECが変わるためには、全員が経営参画マインドを持ち「自助の精神」を持つ必要があります。その上で、NECという会社を、一人ひとりがもっと輝ける豊かな土壌にしていきます。この思いを精神論で終わらせないため、最も大切にすべき行動基準を集約した「Code of Values」は、人事評価の基準にもしています。より外向きに、シンプルに。もっと情熱的に、スピーディに。そしてオープンに。これを経営層から現場まで徹底することで、古い企業文化から脱皮したい。そしてこの先10年でも、100年でも戦い抜けるNECに変わっていきたいと思っています。人生、仕事ばかりではありません。しかし、仕事が占める時間は大きいもの。だからこそ自分で主張して、自分のやりたい仕事をやってほしい。大切なのは「仕事を楽しむ」ことです。その上で、バランスをとりながら、家族との時間や、自分の時間も大切に、全力で楽しんで人生を充実させてください。自分の人生を生きたい。自分の足で歩みたい。そんな意思を持った皆さんと、ともに新しいNECをつくれることを楽しみにしています。