スーパーの人手不足を 解決する 新たなソリューションを 企画したい。
PROFILE
井上 絢華
産業ソリューション事業部
2015年入社
環境情報学部卒
PROFILE
井上 絢華
産業ソリューション事業部
2015年入社
環境情報学部卒

就職活動の軸は、
仕事の成果が社会の中で見えること。

就職活動で軸にしていたのは、「自分の仕事の成果が社会の中で目に見えて実感できること」、さらにそれが「人を前向きにしたり便利にしたり、ポジティブな価値を生み出せること」という2点。食品を中心にメーカーをまわっていて、NECも携帯電話やパソコンのメーカーというイメージから、たまたま受けた一社でした。最初に興味を持ったのは、世界トップクラスの顔認証技術があって、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのゲートシステムに導入されるなど、社会に役立つワクワクするサービスを提供している点。最後まで食品業界と迷いましたが、最終的にNECに入社してよかったと今は心から思っています。入社後はスーパーを担当して念願の食品に関わる仕事ができていますし、異動すれば、宇宙も、金融も、農業も、医療もできる。一つの会社にいながら、様々な業界を担当することができるのは大きな魅力だと思います。

入社の決め手は「人」の良さ。
本音で話せて、不安も解消できた。

インターネットで調べていくとネガティブな情報も出てくるので、就活中は不安も感じましたが、だからこそ知り合いのツテを辿ってNECで働く人と直接会って、本音の話を聞くようにしました。そこで実際の会社での様子や、ポジティブな話を聞けて安心できたのと同時に、いろんな方に会えば会うほどNECで働く「人」の良さに魅力を感じていくように。実は夏のインターンシップの時はベンチャー企業を中心に参加していたのですが、雰囲気が自分には合わないなと気づいて、もっと落ち着いた日系企業の方が居心地良く働けるのではと思っていました。そういう意味でもNECは私にぴったりで、親しみやすさや話しやすさがある一方、実はある分野のプロフェッショナルで専門書を出していたり、内に秘めた熱い想いが人一倍あったり。面接官も私のいいところを見つけようとしてくれる人ばかり。こんな人たちと一緒に働きたいと思えたのが最後の決め手でした。

現場の課題を解決するソリューションで
地域に、社会に貢献していきたい。

NECは社会インフラを作っているというイメージが強くありますが、一方で最先端技術を使って+αの新たな価値を提供するということにも力を入れています。例えば、私の担当するスーパーの領域で取り組んでいるのが、AI(人工知能)による需要予測や自動発注、スマートフォンを活用したレジレス店舗の実現です。ただこれは私が営業をしながら感じている課題でもあるのですが、NECは高い技術力があるがゆえに、技術先行でのプロダクト開発や提案をしてしまい、実際の現場で起きている課題と結びつかないケースもあります。私たちの部署は少し特殊で、エリアの営業とは別に、担当業種に精通して提案していくのがミッションのため、現場の課題に深く切り込んで、私たち自身が新たなソリューションをもっと生み出していかないといけない。「人手不足」など解決すべき課題はたくさんありますが、地域のライフラインであるスーパーを守り、社会に貢献していけたらと思っています。

積極的に若手にチャンスを与える風土に。
新しいことにチャレンジしていく気運を感じます。

同じ組織内のメンバー間でも、今あるものを提供し続けるだけではなく、新しい価値を生み出さなければいけないという話をいつもしています。上司からも「若者の視点で、どういうものが必要だと思う?」「何をしていきたい?」と問われるのもよくあること。そういう新しい意見にもどんどん耳を傾け、若手にチャンスを与えて何でもチャレンジさせようという雰囲気がかなりあると思います。先日「スーパーの課題を解決するために新規で何ができるのかを考える」というテーマで研修を行った際に、私は以前から考えていた、システムを使ってスーパーのあり方を根底から変えるアイデアを出しました。もちろんお客さまありきですから、すぐに何かを変えていくのは難しいのですが、お客さまと一緒に新たな可能性を模索していければと思っています。また、将来的にはこうした営業での経験を活かして、企画職などの新たなキャリアにもチャレンジしていきたいですね。

2016年

産業ソリューション事業部 POSシステム企画

入社後1年間は、POSレジのパッケージシステムに関する企画業務に従事。エンジニアやデザイナーとパッケージの新たな機能を作り、展示会や全国のお客さま先でのデモなど販促業務なども行う。

2017年

産業ソリューション事業部 営業

入社2年目からは営業としてスーパーのお客様を担当。お客様のご要望や課題解決に向けて、既存システム改修や新規システムの導入などを行っています。

現在

  • Q:現在のお仕事内容の概要

    A:業種ごとに専門性を持って提案していく部署で、スーパーのお客様を担当しています。提案するシステムは幅広く、POSレジや基幹システムなどの業務システムから、人事給与システムまで、担当企業に関わるシステムほぼ全てに携わっています。

  • Q:現在のお仕事のやりがい

    A:就職活動中は「何を扱うか」にこだわっていた私ですが、入社して自分が変わったのは、「何をするか」はそれほど重要ではないということに気づいたこと。やはり仕事をしていて一番嬉しいのは、お客様や社内の人に必要としてもらえた時です。

  • Q:現在のお仕事の成功体験

    A:部署の特性もあるのですが、お客様の抱えている不満を改善したり、CSを向上したり、といった仕事を積み重ねてきました。これまで専門性を磨いてきたことで、いまちょうど大規模案件の提案の真っ最中です。

  • Q:現在のお仕事の難しい点

    A:私たちの部署は、提案内容に関する価格決定権を持っているのも特徴。SEの作業項目など細かな内容を理解した上で自ら見積説明、価格交渉まで全て行う必要があるので、上司のフォローはありますが、やはり責任は重大です。

8:30

始業・メール確認

お客様からのメールにはいち早く返信。内容によってはタイミングを見て上司をつかまえ、相談をしてから話を進めていきます。

10:00

社内での打ち合わせ

開発部門のSEと次回の提案の方向性を決めたり、現在動いているプロジェクトの課題や進捗の確認をしたりします。費用やスケジュールに変更がないか、事前のリスクヘッジが大切。

12:00

ランチ

会社近くのレストランに同僚とランチへ。

13:00

資料作成

次回の新しい提案に向けて資料を作成したり、詳細な見積の算出を行ったり。営業ではありますが、社内で行う仕事の時間も多いです。

14:00

外出

今日は横浜にあるお客様のところへ。

15:00

お客様との定例会

現在進めているプロジェクトについて、お客様と毎月実施している定例会に参加。進捗をご報告し、次のフェーズについても細かく打ち合わせをします。

17:30

退社

今日はお客様先から直帰。若手の営業仲間とご飯に行くので、約束のお店に向かいます。

平日早く帰れる日は、よく上司や先輩と飲みに行きます。心に熱いものをもった人が多く、本音ベースで何でも話せるので、気持ち的にも楽になります。例えば「仕事はどう?」といった質問に「今は楽しめていない」と答えると、「ここを変えていこう」と上司自らが動いて、若手が楽しく仕事のできる環境を作ってくれるのが本当にありがたいですね。休日は友達とご飯に行ったり、ランニングをしたり。あとは料理が好きなので、翌週のお弁当のために土日に作り置きもしています。