ダイナミックに変わる NECで挑戦を続け、 経営に関わる人材への 成長を目指す。
PROFILE
石川 貴英
財務部
2016年入社
経済学部卒
PROFILE
石川 貴英
財務部
2016年入社
経済学部卒

メガバンクではなく、
宇宙から海底まで手がける会社へ。
NECでキャリアを積む挑戦。

大学時代、経済学部で金融論を専攻していたこともあって、周囲はメガバンクなどの金融機関を志望する友人が多かったですが、私自身はメーカー、それもNECに興味を持っていました。その頃NECの業績は好調とは言い難かったものの、それ以上に宇宙から海底まで幅広い領域の事業を手がけるスケールの大きさに魅力を感じたのです。入社にあたって、私は専門性を身につけたいとコーポレート部門の経理財務職を希望しました。NECほどの大企業ならば、事業のための「お金」を扱うポジションでも、きっと色々な経験ができるに違いない。そう考えて、敢えてここでキャリアを積む挑戦を選んだのです。そして入社後は財務部で債権管理、経理部で決算対応等を経験。現在はNECがグローバルでビジネスを展開していく上で生じる為替リスクを軽減するための金融取引を担当しています。

大胆な変革がNEC社内に
ダイナミズムを生み出している。

NECはいろんな経験ができるチャンスがありそうだという、入社前に抱いていたイメージに間違いはありませんでした。1年目、2年目、3年目とそれぞれ異なる経理や財務の業務に携わって自分自身の物事を見る上での幅が広がりましたし、若手であっても上司のサポートを得ながら、自分でイニシアチブを取って仕事を進めていくことができるのも面白い。一方、実際に社内に身を置いてみると、NECに対する課題も自分なりに感じるようになってきました。たとえば、物事を決めるスピード感に欠けていると思うことも、そのひとつ。どうしても大きな組織なので承認を得るためのプロセスが複雑であり、決裁が下りるまでにどうしても時間がかかってしまうのです。その結果、最適な意思決定のタイミングを逃し、結果として競争力の低下を招いてしまうこともある。経営トップもそこに問題意識を持っているようでした。社長の新野自ら旗を振る改革では、承認プロセスを大幅に簡素化。大胆な変革が、社内にダイナミズムを生んでいるように感じています。

会社の収益に貢献するために。
財務へのAI導入はできないか。

いま私は、NECが海外でビジネスを行うにあたり必要不可欠な為替リスク管理を担当しています。入金が外貨だった場合、為替相場が想定より円高になれば、外貨を円に両替した時の円貨が想定よりも小さくなります。そこで、為替相場の動向を見つつ、将来のNECの外貨取引のボリュームを確認した上で、為替予約やオプションといった金融商品を用いて、為替リスクの極小化を行っています。完全な予測が不可能な為替相場が判断材料の一つとなるため、常に100点満点の為替ヘッジ策を考えるのは難しいのですが、そこで下した判断が本当に正しかったのかどうか、きちんと検証して知見を蓄えていくことはできる。それをAI(人工知能)に学習させて最適な為替ヘッジ策を検討するのも有効かもしれない。NECはAIに関する技術も豊富に有しているので、社内で連携しながらそんな仕組みを構築していくのも面白いのではないかと考えています。

NECで挑戦を重ねて、
将来は経営に貢献できる人材に。

近い将来、ロボットが我々の単純作業を代替することで、そういった作業に従事する経理財務部員が減っていく時代がやってくるというニュースを目にしたことがあります。しかしそういった時代が訪れても、経理・財務の専門性を発揮し、どんな時代でも必要とされる経理財務部員になりたいというのが、いま私が掲げる目標です。目標達成のために、与えられた仕事のプロフェッショナルとなることを常に意識し、業務に取り組んでいます。また、チャンスがあれば海外駐在も経験してみたいと思っています。我々の部門のスタッフが海外拠点の管理部門のマネージャーとして赴任するケースも多く、なかには現地法人のCFO(最高財務責任者)を務めている方もいらっしゃいます。私もそうした貴重な経験を積んでキャリアアップし、将来はNEC全体の経営に携わることのできる、そんな人材を目指していきたいと考えています。

2016年

債権管理を担当

経理財務職を希望して入社し、財務部に配属。官公庁向けや製造業向けのソリューションを手がける事業部の債権管理を、現場の営業担当者の方々と連携しながら担当しました。

2017年

経理業務を担当

2年目の6月に経理部に異動。主に通信業界を担当する事業部の原価計算などの管理会計や決算対応に従事。同時に、経理業務を効率化する社内プロジェクトにも関わりました。

2018年

為替関連を担当

3年目の11月に再び財務部へ。NECが海外でビジネスを進めていく上で生じる、為替変動リスクを軽減するための施策の立案実行に奮闘しています。

現在

  • Q:現在のお仕事内容の概要

    A:外貨取引の際に発生する為替リスクを、相場動向や将来の外貨取引のボリュームを考えた上で、金融商品を用いてヘッジする施策を考えるのが主な業務です。

  • Q:現在のお仕事のやりがい

    A:たとえば、1円円高が進むと収益に与えるインパクトは数億円にも及びます。そうした為替リスクを適切にコントロールし、経営の安定に貢献していくことがいまのやりがいです。

  • Q:現在のお仕事の成功体験

    A:与えられた仕事に責任をもって向き合い、それを着実にこなしていくことで信頼を積み重ねることで、当初より幅広く業務を任されているのは、小さな成功を積み重ねてきた証だと思っています。

  • Q:現在のお仕事の難しい点

    A:為替相場は、祝日や長期休暇中であっても変動するため、そういった時もマーケットの動向を常に意識していなければならないことで、気が休まらない点がなかなか大変です。

8:00

出社

為替マーケットに関するニュースをチェックしたり、あるいは金融機関から寄せられた為替に関するレポートを読んで情報を収集したりし、考えをまとめます。

10:00

為替ディール

金融機関と為替取引を行う。電話での取引のため、取引金額や日付などを絶対に間違えないよう、緊張感をもって臨みます。

13:00

ミーティングに参加

今後の為替予約の方針を決定するチームのミーティングに参加。事前に作成した資料をもとに、お互いの考えを出し合って議論。上司の優れた知見に触れるのも勉強になります。

15:00

現地法人と電話会議

現地の為替ヘッジ状況のヒアリングを行ったり、相場動向に関する意見交換をしたりします。

16:00

プロジェクト会議に参加

事業部のプロジェクト会議に財務担当として参加する機会もあります。この日は海底ケーブル敷設のプロジェクトの会議に参加し、考えられうる財務リスクを指摘しました。

18:00

退社

メールチェックや翌日以降のA/Iの整理を行い、退社。なるべく残業はしないように心がけています。

最近、通勤の便がいい沿線に引っ越したこともあって、週末は自宅周辺の地域を散策しています。街を歩けばいろんな発見がありますし、グルメサイトなどで点数の高い飲食店などを調べて食べ歩くのも楽しみのひとつです。