殻をやぶれば、 もっと遠くに飛べる。
PROFILE
岩渕 光
エンタープライズBU 金融システム本部
2018年入社
工学部 材料科学総合学科卒
PROFILE
岩渕 光
エンタープライズBU 金融システム本部
2018年入社
工学部 材料科学総合学科卒

この人たちと働きたい。
それだけが志望動機だった。

大学時代は、光触媒などの材料工学について学んでいました。しかし、「自分の新しい可能性に出会いたい」という想いもあり、就職活動では業界や職種を決めずに銀行や不動産会社などにもエントリーしていたんです。NECとの出会いは、大学で開催された会社説明会。当時は「仮想通貨」や「フィンテック」などのキーワードが世間を賑わせていましたし、金融×ITの業務に携われると知り興味を持つようになりました。特に印象に残っているのは、NECの社員が持つ独特な“人柄”。2回目にお会いしたときにはすでに私の顔を覚えていてくれましたし、人事の方はとても穏やかに学生の目線に立って優しく話をしてくれたんです。アルバイトの経験から「人間関係がギクシャクしていると長く働くことはできない」という考えもあり、「この人たちとなら楽しく働ける」と素直に思えたことは入社の大きな後押しになりました。

自分の価値観を信じ、
選んだ道を歩み続けていく決意。

とは言え、もちろん大幅な人員削減などのニュースは私の耳に届いていましたし、社会人の先輩たちからは「NECで大丈夫か?」と心配されることもありました。ただ、NECほどのネームバリュー、技術力を持つ会社がそんな簡単に倒れるわけがありません。むしろ“売り方”を改善することができれば、ふたたび成長軌道に乗ることができるだろうという確信がありました。ネガティブな情報はありつつも、「この人たちと働きたい」という考えが変わることはなかったですし、ある意味、その人柄があったからこそポジティブな気持ちで当社に飛び込むことができたのかもしれません。現在、私は入社2年目。社員の方々の穏やかな気質はイメージ通りでしたし、仕事についてわからないことがあれば丁寧にアドバイスをしてくれます。雑音に惑わされず、自分の価値観で道を選ぶ。その選択は決して間違いではなかったと思います。

課題解決への飽くなき挑戦心こそ、
NECの比類なき強み。

今、私は希望通り金融システムの開発を担当しています。銀行は社会生活を支える重要なインフラですし、この仕事には常に「ミスは絶対に許されない」という緊張感が漂っています。しかし、先輩方はどんなに厳しいオーダーでも「どうやって課題を解決するか」「そのうえでどうやって納期を厳守するか」と粘り強く知恵を絞り、新人から見れば実現不可能に見えるものも「とにかくやり切ってみよう」と実現可能にしてしまうんです。決してあきらめないその責任感と真面目さに舌を巻くことも多いのですが、こうしたプロフェッショナルとしての姿勢は間違いなくNECの大きな強みになっていると思います。ただ、金融システムというインフラを扱っていることもあり、その人柄の良さはときに「堅さ」として業務に現れることがあります。「あるべき論」に終始するあまり、新しい技術の導入にはやや二の足を踏むところもあります。

真面目さのなかに、
ほんのすこしの遊び心を。

当然、新しい物事にはリスクがともないますし、失敗が許されない以上、安易に前例がないものにチャレンジするわけにはいきません。しかし、もしもNECにほんのすこしの“遊び心”が加わったとしたら、もっともっとおもしろい仕事ができるようになると思うんです。大学時代、研究とは一見関係ないように見える実験を試してみて、思いもよらない成果や「これはいけるかもしれない」という着想を得たことがあります。「これはないよね」「でも、ダメもとで試してみるか」そんな“遊び”が、新しいビジネスアイデアにつながる可能性もゼロではないはずです。NECのエンジニアのレベルは極めて高い。多岐にわたる先端技術に詳しいエンジニアもいれば、ひとつのテクノロジーで“その道のプロ”と評される人もいます。穏やかさ、真面目さ。そんな人柄に、ほんのすこしの“遊び心”が加われば、NECはもっと遠くに飛べるはず。少なくとも私は、そう信じています。

2018年

金融システム本部に配属

社員の人柄に惹かれ、合計3回ある説明会のすべてに参加。ジョブマッチング制での選考を経て、希望通り金融システム本部に配属になりました。

2019年

銀行サービスのモダナイズに従事

クラウド上に基盤を構築し、クライアントのサービスをインターネット化する業務を担当。リリース後は、システムの保守と改修を手掛けます。また、来年度の案件獲得に向け、PoC(概念実証)も行っています。

現在

  • Q:現在のお仕事内容の概要

    A:メインは構築したシステムの改善とメンテナンスを担当。月末に実施される大規模改修に備えて、日々、どんな課題をどう解決するのかを検討しています。

  • Q:現在のお仕事のやりがい

    A:クラウドに関しては、まったくの未経験。ただ、積極的に新しいテクノロジーを吸収できる環境は技術者としての大きな励みになっています。

  • Q:現在のお仕事の成功体験

    A:1人でクラウドの開発環境の基盤を構築したこと。試行錯誤しながらも、無事にプロジェクトを完遂できたときには大きな達成感を味わうことができました。

  • Q:現在のお仕事の難しい点

    A:今の仕事は、どんな課題もネット上で解決策を探すことができます。そういう意味では「わからない」は通用しませんし、この仕事では常に主体的に技術を学ぶ姿勢が問われます。

8:30

出社

クライアントのオフィスに出社。メールをチェックします。

9:00

打ち合わせ

NECの基盤チーム、アプリチームとの合同ミーティング。月1回の大規模改修に向けて課題や解決策を協議したり、当日までにやるべきことをすりあわせします。

11:30

昼休憩

昼休みをとるタイミングは社員の自由。この日は早めにランチに行きましたが、普段は13時ごろにお昼休憩をとることが多いですね。

12:30

打ち合わせ

週1回、プロジェクトリーダーからクライアントの要望について伺います。不具合などがある場合には改修方法などについて議論します。

14:30

ワーク

打ち合わせで出た課題に対して解決策の方針を定め、設計や構築を行います。クラウドの新サービスについて学ぶ必要があるときは外部のセミナーや研修に足を運ぶこともあります。

17:30

退社

“絶景スポット”を巡るのが好きなので、長期休みを利用して友人と旅行に出かけることが多いですね。今年のゴールデンウィークには北海道に遊びにいきましたし、次回の休暇では滋賀、三重、福井の3県をドライブする予定です。有名な観光地だけでなく、地元の方しか知らないような「滝」を見るのも楽しみのひとつになっていますね。