このATMが リリースされたら、 たぶん 泣いちゃうでしょうね(笑)
PROFILE
森下 直樹
システムデバイス事業部
2006年入社
理工学部応用化学科卒
PROFILE
森下 直樹
システムデバイス事業部
2006年入社
理工学部応用化学科卒

情熱をもって働くから、
仕事はおもしろい

「ある金融機関のシステム部門に、出向してみないか?」それまで研究職で3年半、営業職で2年を過ごした私に巡ってきた、思いも寄らないチャンス。再び畑違いのフィールドへ飛び込むことに、迷いはありませんでした。与えられたミッションは、ATM系のシステムについて出向先の会社といっしょにサービスを考えること。その会社は伸び盛りでした。会社の勢いはそのまま、働く人の勢いとなって表れます。バイタリティに溢れる同世代の社員たちに圧倒されました。「負けていられない」と、それはもう燃えましたね。提携する銀行やクレジットカード会社、証券会社に会いに行き、要望を取りまとめる。お客様の中に入り込んで行き、どんどん提案する。出向先ではとにかく忙しく動き回りました。でも、つらいと思ったことは一度もありません。活き活きと働けることが何より嬉しかったですね。その後NECに復帰し、現在は出向していたその会社のATMをリプレイスするプロジェクトに携わっています。このプロジェクトもまた刺激的でおもしろい。引き続き、充実した日々を送っています。つくづく思うのは、情熱をもって働くことがいかに大切かということですね。

突破力のあるアイデアは、
受け身の体質からは決して生まれない

私はこれまで、業績悪化とともに社員の情熱がしぼんでいくのを、社内外から見てきました。よその部署を見ると、現場のモチベーションが下がっているなと感じることがあります。昔は予算が若手に与えられ、もっと自由に企画ができました。ところが、業績が悪化して以降は予算を削られ、与えられた業務を粛々とこなすようになってしまった。言われたこと以外やらない、受け身の体質になっていったんだと思います。そうなると当然、楽しくない。クリエイティブな発想も失われる。NECの一番の課題は、技術を販売に結びつけるのが苦手なことです。そこを橋渡しするのが事業部の企画力。しかし、現場のモチベーションの低下により、突破力のあるアイデアが生まれづらくなったのではないか。そう受け止めています。

「現場からイノベーションが生まれる」
そんな確かな兆しを感じています

そんな悪循環が何年も続いていましたが、ここ1、2年のNECは違います。本気で変えようという経営層の強い意思が、現場レベルにまで浸透しつつあります。中期経営計画を策定する際も、これまでは部署のマネージャークラス以上しか関与していませんでしたが、担当者レベルも巻き込み、現場の声を拾おうとしています。「自分たちには関係ない」と距離を置いていた現場の社員も経営陣の本気度に触れ、モチベーションが上がりつつあるのを肌で感じます。そして、事業部の予算を新しい取り組みに回し、昔のように自由な発想で若手が企画できるようにもなりました。フリーアドレスの導入も、これまで関わりの薄かった部署同士の間で化学反応が起こるひとつのきっかけになる可能性も秘めています。現場でイノベーションが起きるような環境づくりは、着実に進んでいます。

次のイノベーション、
準備中です

今の私自身のモチベーションは、数年にわたって担当してきたATMがもうすぐリリースされることです。実際に利用されているのを見たら、たぶん泣いちゃうでしょうね(笑)。それだけ思い入れがありますから。現行のATMは年間数億取引が行われていて、今回リリースするのはその次世代モデル。その金融機関様にとっても唯一といっていい「製品」ですから期待はものすごく大きく、役員クラスの方々からも直々にご意見をいただきながら開発に携わってきました。筐体のデザインをまず決めて、そこに内蔵システム部分を納めるという斬新なアプローチは苦労の連続でしたが、最終的にはデザイン、機能、使いやすさ、すべてを高いレベルで実現できたと自負しています。リリース後はしばらくの間、安定稼働の監視や不具合対応などに追われると思いますが、その後の予定は決まっていません。上司からは、「次にやりたいことを考えておいてね」と言われていますが、会社としてやるべきで、かつ私自身が挑戦したいテーマをプレゼンするつもりです。それが実現できたらと思うと、今から楽しみでしょうがないですね。

2006年

中央研究所

3年半にわたり素材研究に従事。現在はその部門自体が縮小してしまいましたが、大学時代に学んだ化学の延長線上で研究していました。上司に負けじと論文を書いたり特許を出したりしていました。

2009年

金融営業本部

自ら希望し、金融システムの営業職へ。システムのことはもちろん、営業のイロハもわからず苦労しましたが、得難い経験になりました。

2011年

金融機関へ出向

出向先と提携する銀行、クレジットカード会社、証券会社などの窓口を担当し、ATMシステムのサービス向上に努めました。

2014年

システムデバイス事業部

出向先のATMシステムリニューアルにともない、そのプロジェクト立ち上げメンバーとしてNECに復帰。クライアントと折衝を重ねながら約4年にもわたって開発してきました。

現在

  • Q:現在のお仕事内容の概要

    A:ATMシステムのリニューアルプロジェクトを担当。要件定義のフェーズを担当し、お客様先の様々な部署のご要望をヒアリング。システムに落とし込み形にしていきました。見た目も機能も操作感も一新しました。

  • Q:現在のお仕事のやりがい

    A:年間数億取引もご利用いただくATMシステム。しかも、数年ぶりのリニューアル。お客様からの大きな期待を背負ってきました。それを無事世に送り出せる目処がたち、達成感でいっぱいです。

  • Q:現在のお仕事の成功体験

    A:ATMシステム自体もそうですが、「プロジェクトの進め方」がうまくいった成功体験です。メンバーのモチベーションが高く、期待以上の提案でお客様からの信頼も勝ち取れたと思います。このプロジェクトは、NEC社内でも成功事例として評価されています。

  • Q:現在のお仕事の難しい点

    A:デザインを一新することになり、その新デザインに合わせてデバイスを設計するのが、技術側にとっては大変でした。それを一個一個クリアしていくのが苦労したポイントです。

8:30

出社

メール確認。社内外のプロジェクトメンバーに依頼事項や進捗の連絡をします。

10:00

お客様先のシステム部門と打ち合わせ

システムに必要な機能や性能についてすり合わせ。ユーザー側、開発側の双方から上がってきた意見を持ち寄り議論します。

12:00

お客様先で昼食

以前出向していたこともあり、お客様とはプライベートの話でも盛り上がるような仲。ランチにご一緒させていただくこともよくあります。

13:00

お客様先の業務部門と打ち合わせ

ATMにおける取引処理にあたっては、業務部門が密接に関わってきます。業務部門の仕事が円滑に進められるよう、ご要望をヒアリング。

15:00

帰社

16:00

チーム打ち合わせ

上司として3人の部下をマネジメント。若手には他部署のマネージャークラスとの打ち合わせにも積極的に行ってもらっています。もちろん、こうした事前打ち合わせでしっかりフォローします。

18:00

資料作成

社内外の様々な部署と連携を取るにあたり、資料づくりも欠かせない仕事です。

20:00

退社

この日は後輩と飲みに行きました。仕事の悩みや疑問に耳を傾けアドバイスをするのが先輩としての努めですが、一緒に愚痴を言い合う場面も(笑)。

土日は2人の子どもを連れてどこかに遊びに行くことが多いですね。下の子はまだまだおとなしいんですけど、上の子は「どっか連れてって」と毎週末せがんでくるので。振り回されていますね(笑)。