NEC Orchestrating a brighter world

2017.8.1 2018年度新卒採用の募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

マイページ
  1. 新卒採用トップ
  2. NECの仲間たち
  3. 社員紹介
  4. SE(システムエンジニア、サービスエンジニア)

SE(システムエンジニア、サービスエンジニア)

西村 正樹Masaki Nishimuraプラットフォームサービス事業部 主任
2007年入社
理学部卒

関わるすべての人のメリットを考える

西村 正樹

次につながる関係性を築く

クラウドサービスの企画、開発中のプロジェクトの管理、提供中のサービスの運用管理、さらには販売支援と、多様なフェーズで仕事ができる現状に、とてもやりがいを感じています。担当するプロジェクトはいずれも規模が大きく、多数の人と関わるので、綿密にコミュニケーションをとりながら管理するのは容易ではありません。たった一つ変更が生じるだけで、各方面に影響が及び、数多くの調整が必要となるため、それをうまく取りまとめることが、私の役目の一つとなります。
関係する方々と円滑に業務を進めるために日頃から心がけているのは、Win-Winの関係を築くことです。こちらの要望をただ通すのではなく、必ず相手にもメリットが生じるように配慮します。仕事をしていく中でさまざまな立場の方と接しますが、常に「またこの人と仕事をしたい」と思っていただけるように、互いの目的を明確にして、その両方を成し遂げられるよう、一つひとつの仕事に対して丁寧に取り組むように努めています。

社内イメージ

認め合う関係性がNECの強み

私はコンピュータが好きで、ものづくりをしたいという思いからエンジニアを仕事に選びました。職場としてNECを選択した理由は、お客さまだけではなく、社員もパートナーも大事にする社風に共感したからです。先ほど述べたように、社内外を問わず仕事に関わるすべての方に気を配る姿勢は、NECのカラーとして根付いていると思います。
社内に目を向けても、互いに信頼し、認め合う職場の雰囲気が感じられます。頑張った人を褒め、助けられたら感謝する。自然に声を掛け合う関係性に、働きやすさを感じている社員は多いはずです。私自身、担当した業務の成果について、上司や同僚に褒められることが一番の喜びで、モチベーションにつながっています。携わった業務が評価され、より難しい仕事を任されると、もっと頑張ろうという意欲が湧いてくるのです。現状は、お客さまの声を直接聞く機会はそれほど多くないので、さらに提案の支援にも関われるよう働きかけていきたいと思います。

社内イメージ

管理能力を強化し、さらに大きな案件へ

互いを尊重するNECの社風が、一つの目標に向かって一致団結し、業務を成し遂げる上で、良好に作用しているのは間違いないでしょう。社会ソリューション事業を担う企業として社会に柔軟な提案ができるよう部署間の連携も進み、自社がさらなる発展を遂げようとしているのを、働きながら実感しています。事業領域がとても広い企業ですので、連携が進めば、より多様なソリューションの開発へと期待が膨らみます。
企業が発展を遂げるためには、所属する社員の成長も不可欠です。私も自らの課題に向き合わなければなりません。当面の目標は、管理能力のさらなる強化です。関わる人の意欲を喚起し、誰もが持てる力を存分に発揮できるよう、継続して働きかけていきます。これまでどおりコミュニケーションを重視し、その質を高めてより多くの影響を及ぼせるようになりたいです。さらなる成果を得られれば、より大きなプロジェクトへと活躍の場が広がるはず。周囲とともに、自らの意欲を高めることも大切ですね。

社内イメージ
※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。