NEC Orchestrating a brighter world

2017.3.1 NECを知る「動画で見るNEC」、NECの仲間たち「社員紹介(スタッフ)」「社員の本音を聞きました!」、採用情報「募集要項」「よくあるご質問」を更新しました。

エントリー・マイページ
  1. 新卒採用トップ
  2. NECの仲間たち
  3. 社員紹介
  4. SE(システムエンジニア、サービスエンジニア)

SE(システムエンジニア、サービスエンジニア)

櫻井 康彦Yasuhiko SakuraiOMCS事業部 担当
2011年入社
工学部卒

通信インフラの道を究める

櫻井 康彦

あらゆる業務を今後の糧に

NECを志望し入社したのは、学生時代から携帯電話やパソコンなどの機器に興味があり、それらに関わる仕事がしたいという想いからです。NECの多様な事業の中で、やはり関心の強い分野で働きたいと現在籍を置く部署を希望し、望みどおりに配属されました。携わっている主な案件としては、ユーザー数国内最大のキャリアメール送受信・配信システム、インターネットゲートウェイシステムが挙げられます。
大手通信事業会社を顧客として、サービス要件から業務サーバの構築や変更を行うのが私の業務です。具体的には、要望に応じた業務アプリケーションを追加したり、変更要求に応じたサーバの設計・試験を行なったりしています。また案件毎に任命されるリーダーとして、お客さまの調整や要員管理、作業効率化のためのツール作成なども担当。中でも作業の効率化は、売り上げに直結するのでとくに気にかけています。業務すべてが自身のスキルアップにつながる、日々やりがいを感じられる環境です。

社内イメージ

スマートフォン普及を支えた達成感

皆さんが普段利用しているスマートフォン。その急激な普及によってトラフィック(データの通信量)が大幅に増え、大量のサーバが必要になったわけですが、その構築を担当できたのもいい経験でした。当時は本当に大変で、そう感じる余裕もありませんでしたけどね。通常の3分の2しか構築期間が取れず、準備に要する期間も短縮せざるを得ないという状態。規模を考えても従来のやり方では作業品質が落ちる恐れが生じたため、これまでの方法を変更しなければなりませんでした。
まず手間のかかる業務をピックアップし、設定ファイルの作成・チェック・比較を自動で行うツールを用意しました。このツールを活用することで人間が関わる業務を極力削り、作業時間の短縮できました。工程の調整も工夫して納期に間に合い、自信につながりましたね。条件が厳しい案件を、チームで協力しあって無事に終えたときは、とても大きな充実感を得ることができます。このときの打ち上げは、ひときわ盛り上がりましたよ。

社内イメージ

職域を広げるのに最適な会社

入社以来ずっと担ってきたサーバの構築作業については、さらに技術を向上させ、インフラのプロフェッショナルとしての地位を確立したいですね。加えてこれまで経験のない業務アプリケーションの開発に携わり、スキルの幅を広げたいと思っています。NECは、まさに私の職域を広げたいという望みをかなえられる会社。というのも、サーバの製造を行っていて、ITネットワーク構築の技術もあり、システム構築を自社のみで一気通貫にまかなうことができる。まさにこの分野のエキスパート集団です。
そしてNECの社員には、面倒見のいい人が多いと感じています。私も以前、上司に助けられたことがありました。翌日までにミスの対応をしなければならなくなり、間に合いそうもなかったので困っていると、その上司は自身が抱える業務よりも、私のフォローを優先的にしてくださったのです。「失敗を恐れて挑戦しないよりは失敗してもいいから何事も挑戦しなさい。しりぬぐいするのが上司の仕事だ」と声をかけられたのが、今も心に残っています。その姿勢を引き継いでいきたいですね。

社内イメージ
※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。