NEC Orchestrating a brighter world

2017.3.1 NECを知る「動画で見るNEC」、NECの仲間たち「社員紹介(スタッフ)」「社員の本音を聞きました!」、採用情報「募集要項」「よくあるご質問」を更新しました。

エントリー・マイページ
Special Feature ―社員が語る、未来への想い―

「多彩な経験を糧に、ユーザー目線で新たな価値を求める」

鈴木 瑞枝Mizue Suzuki 流通・サービス業システム開発本部 主任
2005年入社
理工学部卒

沿革
鈴木 瑞枝

事前準備が仕事の出来を左右する

学生時代から人の輪の中でまとめ役だったというSEは、そのコミュニケーション能力を活かしてプロジェクトチームのリーダーを務めています。綿密な準備をもとにシステムの全体図を描き、協力会社の技術者を束ねるのが彼女の役目。何より重視するのは利用者目線です。

俯瞰して把握し、もしもに備える

流通・サービス業界を対象に、システム開発のプロジェクトをリーダーとしてまとめています。これまで交通系モバイル型ICカードのシステムや、シネマコンプレックスの案件など、さまざまなプロジェクトに携わってきましたが、重視すべきポイントはどの案件も変わりません。それは利用する人の立場で、何が重視されるべきかを理解すること。お客さまとのやりとりを通して優先順位をつけ、それを反映できるようにプロジェクトを進行していきます。
リーダーという立場に求められるのは、プロジェクト全体を俯瞰して把握し、クライアントの望みをかなえるために最適な全体像を描くことです。どのように進めていけば品質の確保と作業効率を両立できるかを熟考します。決断を下さなければならない立場であり、自身の判断一つがプロジェクトの出来や進行に大きな影響を及ぼすことも少なくありません。最適な決断をするためには、何よりも事前の準備が大切です。起こり得るトラブルをすべて想定し、対策を幾通りも用意しておく必要があります。

鈴木 瑞枝
鈴木 瑞枝

結束のカギは、真摯な姿勢と対話

もしも準備を怠り、決断を誤れば、それはプロジェクトの進行の大きな障害となります。また事前の想定が足りないと、トラブル発見の遅れにもつながるのです。問題を抱えたまま工程が先まで進んでしまうと、その分だけ処置に要する時間が必要になります。トラブルが生じた時点まで遡り、原因を究明してそれを解決した上で、一度終えた作業をやり直さなくてはなりません。納期は決まっているため、間に合わそうと焦りが生じ、別のトラブルにつながる恐れも生じます。そこでチームのモチベーションが低下すれば、さらに作業の精度も効率も下がってしまうのです。
作業者のモチベーションに触れましたが、意欲を喚起するのはリーダーの重要な役割の一つだと思っています。重視するのはコミュニケーションです。私は直属の部下を抱えておらず、パートナー企業の技術者を束ねてプロジェクトを進めています。信頼を得るために意識しているのは、日頃から対話を重ねること、そして自ら真摯な姿勢を見せることです。

鈴木 瑞枝

好奇心を満たす、数多くのチャンス

現在の部署に配属されて間もないので、担当するシステムの仕様などについて、少しでも早く理解を深めようと、事あるごとに愛用のノートに詳細にメモを取って学んでいます。これまでも部署を渡り歩いてきたので、順応するのは早い方かもしれません。多様な業界のお客さまと仕事をしてきた経験は私の財産です。今後も新たな視点や価値観を得られるように、努力を重ねていきたいと思います。そして関わってきたサービスを結びつけ、世の中に新たな価値を創造することが私の今後の目標です。
NECは本人の意欲次第で、実にさまざまな仕事ができる企業です。私のように好奇心が旺盛な方には、ぴったりの職場ではないでしょうか。そして重要な社会インフラの構築に携われる企業でもあります。皆さんの身の回りにあるサービスやシステムの中にも、NECが手がけたものがたくさんあるはずです。自分の手で人の暮らしを支えていることを実感できるのは、とても幸せなことで、充実した日々を送っています。

鈴木 瑞枝

※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。

鈴木 瑞枝