NEC Orchestrating a brighter world

2017.3.1 NECを知る「動画で見るNEC」、NECの仲間たち「社員紹介(スタッフ)」「社員の本音を聞きました!」、採用情報「募集要項」「よくあるご質問」を更新しました。

エントリー・マイページ

廣田 純子Junko HirotaSI・サービス企画本部 担当
2012年入社
法学部卒

個々の社員に想いを馳せた、人事を追求

廣田 純子

SEが働きやすい職場環境をつくる

私はSEを対象とした、人事管理・制度運用を担当しています。具体的には、評価・昇格制度を職場で運用する上でのサポートや、組織のニーズと個人の適性を考慮した上での異動案の作成など、現場に近い人事を行います。携わる案件や関係部門が多いため、バランス感覚を保つことが難しいですが、その分達成できたときの喜びは大きいです。SEの皆さんがやりたいことを実現しやすい環境をつくる、とても重要な仕事だと思います。
仕事を進めていく上で常に意識しているのは、「イメージすること」と「話を聞いて共感すること」です。人事の施策は社内での影響力が大きいため、どれだけ真剣に社員一人ひとりの立場を想像して、その背景に想いを馳せることができるかが大事だと思っています。仮に意見が相違しても即座に拒絶しないで、私自身の配慮が十分だったのか反芻するなど、もてる限りの想像力を働かせて話を聞いて、業務に反映するよう意識しています。

社内イメージ

異動した社員が活躍することが喜びに

「社会価値の創造」を旗印に、大きく変わろうとしているNECにおいて、その最も重要なリソースである“人材”に携わることは大変ではありますが、やりがいは大きいです。なかでも、私が異動・採用に携わった社員が、新たな職場でイキイキと振る舞い、活躍しているという話を聞いたときは、最高に嬉しいです。悩み抜いて、熟考を重ねた苦労が報われる瞬間です。人事の成果はすぐに目に見えるものではなく、正解がない難しい業務ですが、だからこそ自分らしさを出す余地があり、おもしろいのだと感じています。
また、今年から前述の業務に加えて、インドにあるグループ会社の人事管理にも携わるようになりました。外国籍の社員と接していく上で感じたことは、英語力や論理的な思考能力、文化の違いに対する理解もさることながら、やはり“想い”が一番重要だということです。仕事に対する熱い想いは、言葉の壁を凌駕することを実感しました。
将来的には、現場のことを理解した、人事課題の解決に貢献できる人材になりたいです。欠点を指摘するだけではなく、現場から頼られ、現場で役立つ施策の立案および実行できるようになることが目標です。

社内イメージ

社員の“想い”がNECを変える

私は学生時代、途上国やインフラ、教育に関心が強く、大学卒業後に大学院に進学するか、NGOや企業で働くか、進路で悩みました。しかし、就職活動を進めていく中で、国を実際に豊かにするのは企業の経済活動によるところが大きいことをあらためて感じ、なかでも生活そのものに影響を与えることができ、その領域を限らないICTに注力するNECなら、たとえつらいことがあってもがんばれると思い、入社を決意しました。
NECには、熱い想いをもった人が多いです。一見おとなしくて、穏やかそうに見える人でも、話してみるとお客さまや技術にかける強い想いをもっていて、いつも刺激を受けます。私も熱い想いと気概をもった方とともに、これからのNECを築き上げていきたいです。

社内イメージ
※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。