NEC Orchestrating a brighter world

2017.8.1 2018年度新卒採用の募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

マイページ

植松 飛鳥Asuka Uematsuパートナーズプラットフォーム事業部 担当
2012年入社
文化構想学部卒

担う責任の大きさが、達成感に

植松 飛鳥

相手の立場で考え、協力を得る

私の仕事は法人向けPCの事業計画で、その中でも主に損益管理を担当しています。事業部ごとに定められた予算を達成させる事がミッションで、遂行するためには、各部門が管理する台数、需給関係、損益のすべてにおいて最善となるプランを導き出さなくてはなりません。どの項目も軽んじるわけにはいかず、難しさを感じることもありますが、関わるメンバー全員で協力し合い、同じ方向を向いて仕事ができるよう働きかけています。
効率よく仕事を進めるためには、周囲との連携に気を配ることが大切だと考えています。相手の業務について、その背景まで把握できるように努め、人柄や特性も考慮に入れて適切なコミュニケーションを取ることが理想です。依頼する際は、まず相手の立場で考え、快く業務を請けてもらうにはどうすればいいかを考えます。心がけているのは、可能な限りメールだけで済ませずに、会話を通して状況を察すること。一方的に頼めば拒まれることでも、配慮を伴ってお願いすることで、理解を得られることもあるのです。

社内イメージ

NECの活動を支えているという自負

400人を超える大規模な事業部の損益管理を担当しているので、その決算成績はNECの経営全体にも大きな影響を与えます。ですからこの仕事での満足感がピークに達するのは、事業部の予算目標を達成できた瞬間です。責任の重さを感じる仕事ではありますが、事業部の皆さんの協力を得て、目標を達成できたときは、一年の仕事を成し遂げた充実感に満たされます。
「人と地球にやさしい安心・安全な情報社会」を創っていくNECの活動を、内側から支えるのが私たちスタッフ職の役割です。広く分野にとらわれず、課題を抱えている人に対してICTの力でソリューションを提供するNECの事業内容に惹かれて入社したのですが、その一端を担えていることに誇りを感じています。社会貢献度の高い企業において、その経営に役立っていることを実感できるからこそ、妥協なく業務に取り組めるのだと思います。仕事中は曖昧な認識がミスにつながらないよう、腑に落ちるまで考え抜くように心がけています。

社内イメージ

さらに女性が輝ける企業へ

社内で接した印象から、NECには堅実で穏やかな方が多いと感じます。その一方で、タフな方の姿も目に付きます。仕事に対して懸命に取り組むのはもちろん、オフも趣味やスポーツに熱中するなど、心ゆくまで存分に楽しんでいる方も少なくありません。また資格取得に熱心な方もよく見かけます。何事にも熱心な方は視野が広く、会話をしていてとても刺激になります。
これからの目標は、女性が活躍する前例を多く作っていくことです。私が所属する部署にも、着実にキャリアを積み、第一線で活躍している女性の先輩がいらっしゃいます。憧れるだけではなく現実的な目標とし、いつかは肩を並べられるように自分を磨きたいと思います。NECには活躍する場がたくさんあり、意欲を示せばさまざまな経験ができます。私の場合は、語学の学習を続けているので、いつか海外事業に挑戦できればと考えています。この先のキャリアが、NECにおける女性の働き方のモデルケースの一つとなれば嬉しいです。

社内イメージ
※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。