NEC Orchestrating a brighter world

2018.07.26 会社を知る「動画でわかるNEC」を更新しました。

マイページ

吉野 健Ken YoshinoNECマネジメントパートナー 
経理・財務サービス事業部
2014年入社
会計研究科卒

「グローバル経理人材」
を目指して

吉野 健

会計の勉強に明け暮れた学生時代

私は学生時代から会計に興味があり、公認会計士試験に合格することを目指して、勉強に明け暮れていました。また、海外にも興味があったので、勉強の合間を縫ってはバックパッカーとして海外を旅行したり、途上国でボランティアに参加していました。
大学院卒業後は、経理職に就くことを前提に、幅広い事業をグローバルに展開して、社会に貢献している企業で働きたいと思っていました。経理は、最先端の研究や革新的なものづくりはできませんが、財務や経営企画の役割を果たすことによって会社を支え、間接的に社会に貢献することができます。そんな私にとって、地球規模で発生しているさまざまな課題の解決に向けて取り組み、社会インフラを支えるなど、スケールの大きな仕事をしているNECはとても魅力的に感じ、入社することを決めました。

社内イメージ

決算資料は、正確かつ迅速に

現在の主な仕事は、各事業部の経理実績を作成することです。上場企業は3か月ごとに決算を発表する必要があり、経理担当者は決算資料を正確かつ迅速に作成しなければなりません。そのため、私は「先を見据えて行動すること」を常に意識しています。忙しくなったときほど、一歩引いた視点で冷静に考え直してみることで、タスクの優先順位と方向性を再確認。私が作成した決算資料を受け取った方が、何を欲し、感じるかを念頭に置きながら、仕事に取り組むようにしています。また、決算資料の作成には、計画部門や現場の方の協力が必須です。普段からコミュニケーションを行って、信頼関係を築いていくことを心掛けています。
ほかにも、各事業部がプロジェクトを展開していく上で、経理としての視点でアドバイスを求められることもあります。数字から問題点を分析して、対策をともに講じていくことも、経理に求められる重要な仕事です。その際に、私は自分の考えを持ちながらも、周囲の意見にしっかりと耳を傾けることができる「バランス感覚」を大切にしています。

社内イメージ

チャレンジ精神を持ち、学び続ける

NECは、若手の意見を受け止めてくれる上司や、やさしい先輩が多いことが特長です。右も左もわからない新入社員の頃、丁寧に仕事を教えてくれたことはとても印象的でした。さらに、若手にも責任のある仕事を任せてくれ、やる気次第でさまざまな経験を積むことができます。
経理の業務は幅広く、全てを理解するにはかなりの時間がかかると思いますが、いつまでも学び続ける姿勢を忘れないようにしていきます。そして、アンテナを高く張って、チャレンジ精神を持ち続け、NECが海外でさらにシェアを伸ばせるよう、「グローバル経理人材」になることを目指して、努力していきたいと思います。
会計の勉強の有無にかかわらず、将来グローバルに働きたい意欲のある方、経営企画に携わりたい方にとって、NECは絶好の職場だと思いますよ。

社内イメージ

オフの楽しみ

クラシックホテルに宿泊

海外旅行にでかけること!

休日は旅行やゴルフ、ドライブなど、趣味にとことん時間を費やしています。特に、大型連休は海外へ行くことが多いです。異なる環境、文化に触れることで、さまざまな刺激が得られ、仕事にもとてもいい影響を与えていると思います。

※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。